新着情報 Sop 杉浦 希未

  • Sop 杉浦 希未1
  • Sop 杉浦 希未1

プロフィール

 大阪音楽大学音楽学部声楽科卒業。同大学院音楽研究科声楽専攻歌曲研究室修了。ウィーン国立音楽大学ポストグラデュエイト課程リート・オラトリオ科修了後、トリノ音楽院ビエンニョ課程歌曲科にて研鑽を積む。
大阪音楽大学在学中、オペラでは「魔笛」パミーナ役、「フィガロの結婚」スザンナ役などで出演。2006年 第14回“Masters´Concert”にてザ・カレッジ・オペラハウス管弦楽団(指揮:小田野宏之)と共演。同年夏、学内奨学制度を受け、チェコ共和国、プラハのスークホールにて室内楽演奏会に出演。
2008年度オペラハウス・サマーオペラ「ドン・ジョヴァンニ」にドンナ・アンナ役、アンダースタディで参加。2008年夏、東京国際芸術協会より助成金を受け、ウィーン国立音楽大学にてC.Visca氏のマスタークラスを修了。参加者コンクールに於いて第一位を受賞し、受賞者コンサートに出演。
2010年3月ウィーン国立音楽大学在学中“Hugo Wolf生誕150周年プロジェクト”のメンバーに選抜され、ウィーン、ザルツブルク、リンツ、グラーツの各地でコンサートに出演。10月にはベルリン国立芸術大学で行われた“リートフォーラム2010”に招待され、二度のコンサートで演奏し、K.kammerlanderの公開レッスンを始めO.Bär、A.Bauni、 G.Fontanaのレッスンを受ける。
2011年よりイタリア・トリノのプロコーラスグループ“Coro Ruggero Maghini“の正団員として “RAI国立交響楽団“ や “Montis Regalis“ との共演をはじめイタリア、オーストリアにて様々なコンサートに出演。その他ソリストとしても国内外で様々なコンサートに出演。オペラではトリノ・クーネオ県にて2012年「トゥーランドット」リュー役、2015年「ドン・ジョヴァンニ」ドンナ・アンナ役で出演。
2008年度ウィーン音楽講習会主催ディヒラーコンクール第1位、日本トスティー歌曲コンクール2015 第6位、第3回日本のうたコンクール2016 奨励賞。
これまでに小村亮三、渡邊弓子、草野道広、Claudia Visca、Gabriele Fontana、Erick Battaglia、Sherman Loweの各氏に師事。
現在神戸市混声合唱団の団員として様々なコンサートに出演する傍ら、ソリストとしての演奏活動も積極的に行っている。

前へ戻る